合同会社エスパック セラパック 鮮度保持 フィルム ポリ袋 果物 野菜 農産物 ポリエチレン 加工 販売 福岡県 糟屋郡

合同会社エスパック お電話でのお問い合わせ
ホーム 製品紹介 ご依頼の流れ 会社案内 お問い合わせ

製品紹介

ホーム>製品紹介

鮮度保持ポリ袋『セラパック』





○特長
全国の生産者様及びJA様、農業法人様、個人の方にご愛顧いただいております。

鮮度保持により農産物の最適なタイミングを逃しません。

また、今までよりも長距離輸送を可能にします。

他社とは違う弊社オリジナルの特殊セラミックスをフィルムに混入することによって、野菜から発生する老化促進ホルモン(エチレンガス)を分解し、無害物質にして外に放出します。

セラミックの極小化に成功したので、厚み0.02mmまで薄くツルツルとした美しいフィルムで製造可能です。

公的機関での安全性も実証済みです。

○効果セラパック規格袋
鮮度保持・・・ フィルムに混入された特殊セラミックによりエチレンガスを分解・放出し鮮度を保持し、商品寿命を格段に延ばします(エチレンガスとは野菜・果物・生花の呼吸によって出る老化促進物質です)
異臭防止・・・ 異臭の発生を抑制
抗菌効果・・・ 雑菌の増殖を抑制
蒸散抑制・・・ 水分の蒸散を抑制
追熱を防止しておいしさとみずみずしさを保持
適当なガス条件を作り鮮度保持効果


宮崎農場試験場での試験結果
セラパックは公的機関の厳正な試験で良い結果を残しております。

○用途
野菜・果物の長距離輸送や保存用鮮度保持

○使用方法
・ダンボール内袋として利用するとき口は縛らないでください。前後左右より重ね合わせて下さい。
・セラパックには特殊セラミックスが袋に練りこんでいます。このセラミックの効果は半永久的です。
・袋内部に水分が付着する時は袋の下部に吸水紙を敷いて下さい。又、千枚とおしで針穴を適当に開けて下さい。ご注文時相談して下さい。

サンプルはご要望により無料で出荷します。是非、ご利用ください。


鮮度保持袋ポリ袋「セラパック」ブロッコリー鮮度保持実験

同等のサイズ・色・鮮度のブロッコリー2つのうち1つを鮮度保持ポリ袋セラパックに封入し、もう1つをポリエチレン透明無地袋に封入し、同じ条件で別々の冷蔵庫に入れて鮮度保持実験をした。
実験に使用した2つの冷蔵庫は、どちらも実験に使用したブロッコリーを1つずつしか入れていない。

期日: 平成19年2月24日14時から3月9日14時まで14日間
対象物: 福岡県産ブロッコリー(農産加工にて直販されたもの)
使用袋:
鮮度保持ポリ袋セラパックNO.14
ポリエチレン透明無地袋
300mm*450mm
300mm*450mm
温度: 6度一定に保つ

左:セラパックを使用したブロッコリー
実験14日経過後
右:ポリエチレン透明無地袋に入れたブロッコリー
実験14日経過後
 

考察:

左の鮮度保持ポリ袋セラパックに封入したブロッコリーは、14日経過後でも鮮度は保たれ、商品価値あり。

右のポリエチレン袋使用のブロッコリーは花が開き、商品価値なし。


ベビーリーフ鮮度保持実験

クリーンルームにて水耕栽培で作られるベビーリーフにも鮮度保持効果があり、ご好評いただいております。

同等のサイズ・色・鮮度のブロッコリー2つのうち1つを鮮度保持ポリ袋セラパックに封入し、もう1つをOP透明無地袋に封入し、同じ条件で別々の冷蔵庫に入れて鮮度保持実験をした。
実験に使用した2つの冷蔵庫は、どちらも実験に使用したベビーリーフを1袋ずつしか入れていない。

期日: 平成23年5月24日14時から6月10日14時まで17日間
対象物: 福岡県産ベビーリーフ(農産加工にて直販されたもの)
使用袋:
鮮度保持ポリ袋セラパックNO.15
OP透明無地袋
 
温度: 6度一定に保つ

左:OP無地袋を使用したベビーリーフ
実験17日経過後
右:セラパックを使用したベビーリーフ
実験17日経過後

考察: 右の鮮度保持ポリ袋セラパックに封入したベビーリーフは、17日経過後でも鮮度は保たれ、みずみずしかった。
左のOP袋使用のベビーリーフは赤くなる箇所や、黒ずみ後ドロドロになり商品価値なし。


セラパックによるエチレンガス分解・放出証明実験

期日: 平成26年2月20日〜2月23日まで3日間
対象物: 福岡県産ほうれん草 (農産加工にて直販されたもの)
使用袋:
密閉できる発砲スチール2個
HDポリ袋・セラパック
 
温度: 6度一定に保つ
考察 発砲スチロール+セラパックの鮮度保持効果が高かった理由は、密閉された発砲スチール内で、セラパック内に混入されたセラミックスがほうれん草から出るエチレンガス(老化促進ホルモン)を分解・袋外に放出し、セラパックの袋の中が野菜にとって良い環境を作り出していたことが判る。
同じような実験を、下記内容にて工業試験場にて実証済み。
エチレン(750ppm)封入セラパックを、デジケーター(7.7リットル)に密封封入し、一定時間後にデジケーター内のエチレン濃度をガスクロマトグラフィー分析した。セラミックスによって分解されたエチレンガスと、セラパック袋内から放出され、デジケーター内に留まったエチレンガスがあることが判る。
エチレンガス エチレン濃度 (ppm)
封入後0時間 1.0以下
24時間 438
48時間 450

【実験3日経過後のブロッコリーとほうれん草】
1.発砲スチロール+HD…ほうれん草がしおれている。  2.発砲スチロール+セラパック・・・鮮度良好。



財団法人日本食品分析センターによる分析試験成績表


メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
 
合同会社エスパック

〒811-2112
福岡県糟屋郡須恵町植木185-102
TEL:092-936-3561
FAX:092-935-1594
ホーム製品紹介ご依頼の流れ会社案内お問い合わせ
Copyright (c) All Rights Reserved. このページの先頭へ